読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

平山 舜也のデビュー当時の様子

平山舜也さんは1997年1月9日生まれで、ハーフっぽいおしゃれな顔立ちが印象的なスポーツマンで、
在、読者モデルをされており、筋トレに力を入れていらっしゃるイケメン読モさんということです。
平山さんは、将来芸能界で活躍したいという夢をもたれ、現在、雑誌のイベントなどにご出演され、若い女性のファンからも注目されていらっしゃいます。
平山さんはある若い女性向けの雑誌で読モデビューされました。デビュー当時から若い女性のファンも多くいらっしゃる平山さんはファッションにとても詳しい方です。

あるファッション関連のイベントなどでは、女性の冬ファッションについてもおすすめのコーデをご披露されました。
例えば、平山さんのおすすめのファッションとしては可愛カッコいい系のアイテムなどが取り入れられたファッションなどが挙げられました。
また、冬はふんわりしたかわいらしい感じのファッションなどもおすすめだそうです。
念願のブログも始められ、たくさんの人に読んでもらいたいという思いで、更新もこまめに行っていらっしゃいます。

本格的にデビューされる前から様々なイベントにもご出演され、ファンからもファン想いでLINEのグループにもよく顔をだされて、話しかけられたら神対応をしてもらえてうれしいといったコメントが寄せられています。ファンから絶対受かりますようにといった熱い応援がある平山さんは、
これから注目の若手イケメンのモデルさんですね。
先日行われたあるファッションビルでのイベントではハッピーハロウィン!と言いながらキャンディを配られておられ、会場のファンからも熱い声援があったそうです。
普段は職業人としてハウスメーキングに携わっておられる平山さんですがハーフっぽいおしゃれな顔立ちが女性に人気も高いファッションアドバイザー的な立場で、
ヤングカジュアルなどのファッションやカップルのコーデなどで素敵なファッションの提案を行われていますので、参考になった人も多かったのではないでしょうか。

芸能界で活躍したいというご自身の夢を実現させるため、一歩一歩夢に向かって努力されている努力家の平山さんの好きなことばは切磋琢磨ということです。
いっしょに夢を追いかける仲間と、読者モデル時代からのファンをとても大切にされている平山さん、これからも様々な機会にイベントなどを通してできるだけ多くのファンの
方に夢を届けていきながら夢が実現できるようになるといいですね。


山田孝之の東京での生活

北海道で生まれ育った山田孝之は東京の生活に慣れるまでに一苦労しました。北海道は自然に囲まれてとても過ごしやすい環境でした。高校を卒業するまで18年間は自然に囲まれて生活していたので、急に大都会での生活に四苦八苦するのは仕方が無いことです。毎日電車に揺られて片道40分間の通勤は今でこそだいぶ慣れましたが、社会人となり東京に住むようになってから、満員電車に乗るのが苦痛になってしまったこともあって今まで本当に大変な思いをしてきたことを考えると、よく3年間我慢してきたなあと思っています。

山田孝之の地元は北海道の富良野市なので、地元に住んでいたときは電車を利用することがなくて、移動をする際は親の車で移動するのが一般的でした。そのような状況の中で横浜の大学に進学し4年間市内で生活をして、生まれ育った北海道に戻ろうと思ったときもありましたが、本当に自分がやりたい仕事は北海道にはない、せっかく就職をするなら東京で勝負がしたい!と思いが強くなってそのまま北海道に戻ることなく東京で就職をしようと思ってOBのいる会社に就職をすることができました。そのまま北海道に戻って社会人の生活をしても良いと思いました。しかし若いうちは自分の価値を高めるためにも一度きりの人生を楽しみたいという思いもあって東京で就職をすることにしました。

東京は人口が多くて人ごみが苦手だった山田孝之は、何度も北海道に戻りたいと思ってしまう弱い自分がいました。そのような状況の中で親や友達の励ましがあったからこそ、この状況を乗り越えることができ、大変な部分もありますが東京の生活を楽しんでいます。もし大学を卒業してから北海道に戻っていたら、ここまでやりがいを感じることなく平凡な毎日を過ごしていた可能性が高いです。東京での生活は大変なこともありますが、とても刺激があって自分がどんどん成長していくことを感じていました。

会社から初めてもらった給料で両親にプレゼントを購入してあげました。山田孝之にとって社会人になってはじめての給料でしたが、給料をもらったら必ず親にプレゼントをしようと決めていたので、本当に両親も喜んでくれていました。今、山田孝之は結婚を前提に付き合っている彼女がいますが、いずれは結婚を決めてまた両親を喜ばせてあげたいと思っています。そのときは海外で挙式をしたいという夢があるので、みんなをハワイに連れていきたいので、その資金も今から頑張って貯めようと仕事に奮闘しています。

山田 裕貴のデビュー当時の様子

 山田裕貴さんのデビュー当時の画像を見ると、まっすぐのワンレン長髪で、近づきがたい人物にも見えますね。現在の爽やかな姿とはちょっと違ったイメージを受けます。
実は、一風変わったコンセプトの戦隊ヒーローを演じられていたとのことで、無口でクールな性格のキャラクターづくりが重要だったのでしょう。

デビューして間もない山田さんでしたが見事にこの役柄を演じ切り、子どもだけでなくお母さんたちにも愛される俳優となりました。
色々な年齢層に知られている俳優さんはなかなかいませんが、彼はその難関をクリアしているわけです。

 大学についても考えられていた山田さんですが、高校を卒業したあとは芸能スクールに通うことに決めました。
「オーディションで負けたらそこには死しかない」くらいの気迫で挑まれた模様なので、デビューに対して人一倍強い思いを持っていたに違いありません。
苦しい合宿を振り返っていらっしゃったこともありました。それでも乗り越えられたのは、野球などのスポーツで鍛えてきた精神力のお陰かもしれませんね。
インタビューではお父さまの言葉による励ましを受けていることを語っており、ご家族の応援も彼の大事な支えとなっているのではないでしょうか。

デビューのころから、共演者に「ただ者ではないと思った」と思わせるなど、独特の雰囲気をお持ちだったそうです。
 デビュー作に関しては諸説ありますが、映画のちょい役で出演されていたのが最初のようですね。ファンの方にとっては貴重な作品だと言われています。
確かに目立たない役柄で、名前も付けられていないほどです。

しかし、俳優以外の職業は考えられないと語っている熱心な志の持ち主の山田さんですから、どの仕事にも真摯に取り組まれてきたことと思います。
一躍人気者となったヒーローものの共演者の方々とは、現在も一緒に集まったりするなど、人との繋がりを大事にしてらっしゃるようですね。
そんな仲間を愛する人柄もとってもチャーミングです。ストイックに俳優業に取り組まれるその姿が、ファンだけでなく共演者をも引きつけているのでしょう。

 見た目だけの印象ならば、落ち着いていて優しそうなイケメンなのですが、デビュー当時に比べればかなり演じる役柄も広がってきているようです。
所属されている俳優集団の中でも特に演技面での活動が目立つ山田裕貴さんですから、年月が経つにつれてますます演技に磨きがかかってくるのが楽しみですね。

大久保祥太郎の幼い頃の様子

テレビドラマや映画、舞台などで活躍する若手俳優・大久保祥太郎さんは、幼いころから子役として幅広い活動を続けてきました。
大久保祥太郎さんは、多くの人気子役が所属する劇団で、子役として長く活動してきました。

子役時代から長く活動してきた大久保祥太郎さんは、芸能活動と平行して、幼いころから日本舞踊、ダンスなどのレッスンも続けてきたそうです。
とくに、大久保祥太郎さんは、ダンスではヒップホップやタップダンスなど、幅広く習得してきたそうです。

大久保祥太郎さんは、大久保祥太郎さんは子役として豊富な活動歴を誇るだけでなく、テレビアニメの声優や、洋画の吹き替えでも、幼い子供の声優として活動してきました。
大久保祥太郎さんは、この子役時代の劇団で長い間、活動してきました。しかしながら、大久保祥太郎さんは、10代の前半に、この劇団を退団しています。

そして、大久保祥太郎さんは、多くの人気アイドルを抱える芸能事務所に移籍しました。大久保祥太郎さんは、新たな芸能事務所で、若手アイドルグループの一員として活動していました。
ところが、大久保祥太郎さんは、この芸能事務所も退団しています。これは大久保祥太郎さんが、人気漫画を原作としたミュージカルに出演したことがきっかけでした。

大久保祥太郎さんは、移籍した芸能事務所では、同年代の若手たちと、グループで活動していました。大久保祥太郎さんは、今でも、このグループ時代の仲間を大変大事にしているようです。
なかには、大久保祥太郎さんが、兄のように慕うメンバーもいるといいます。また、芸能活動歴が長い大久保祥太郎さんは、幼いころにNHKの大河ドラマにも出演しています。

大久保祥太郎さんは、子役時代から、大河ドラマ以外にも、多くの時代劇に出演しています。

また、大久保祥太郎さんが映画や舞台に出演するようになったのは、まだ10代になる前の、子役時代のことでした。
とくに、大久保祥太郎さんは、音楽劇の名作とも言えるピーターパンにも出演するなど、子役時代からその演技力を高く評価されていたのでしょう。
また、大久保祥太郎さんの子役時代の中心的な活動となっていたのが、声優としての活動でした。大久保祥太郎さんは子役時代から、人気のテレビアニメでも声優を務めています。
さらに、全国的に大ヒットした映画にも出演するなど、大久保祥太郎さんは幼いころから、非常に幅広い活動をつんできた俳優といえるのではないでしょうか。

柳楽 優弥のデビュー当時の様子

柳楽優弥さんと言えば、2004年に第57回カンヌ国際映画祭で、出品された主演映画によって男優賞を、当時の最年少である14歳で受賞しました。
その受賞の際には、義務教育中の中学生だったため、学校のテストを受ける必要があり、映画祭から既に帰国していました。残念ながら、本人は受賞式に直接出席出来ず、監督が代わりに受賞したという逸話もあります。

この受賞によって、日本のみならず世界で注目を集め、2014年の文化関係者文部科学大臣表彰を受けるだけではなく、同年には「TIME」誌アジア版で、「2004 Asia's Heroes」に選ばれました。
勿論、現在もドラマや映画という第一線の舞台で活躍されている俳優でもあります。

尚、カンヌで男優賞を受賞した映画が、柳楽さんにとっての初仕事だったというだけではなく、初のオーディションでありながら、いきなりの主役に選出された映画でした。
まさに、異例尽くしの、柳楽さんの才能がいきなり発揮された作品でもあったわけです。

柳楽さんが子役や俳優を志したのは、子役をやっていた友人が「楽しそうだった」ことや「人を笑わせたい」程度の、それほど強い「俳優になりたい」という意志があったというわけでもなかったそうです。
しかし、初主演映画の監督が、柳楽さんの初めてのオーディションの際、「目に力がある」と思ったのですから、まばゆい才能が、本人が気付かないうちにほとばしっていたのかもしれません。

カンヌでの受賞時は、撮影から2年経過していたこともあり、柳楽さんは、既にメディアの表舞台で活動していました。
れもあって、リアルタイムでデビューから注目されたというわけではありませんが、この受賞が、柳楽さんのその後の俳優人生に大きな影響を与えることとなります。

知名度があがったことで、多くの映画で主演を務めると共に、声優もこなすなど、俳優としての才能を発揮し続けていました。
一方で、史上最年少での男優賞受賞のプレッシャーが、普段はよく喋るという、明るい少年にとっては、気付かない内に重荷となっていたようです。

2008年頃には、一時体調不良になり、体力を消費しないような仕事に限ってこなしていました。
また、子役として成功してしまったため、社会人としての経験をこなさずに来たと感じ、それ以降の俳優業への影響も考えて、敢えてアルバイトに精を出すことも行いました。

しかし、家族の支えや、以前から交際していた女優さんとの結婚、女の子を授かって父となったこともあって心境に良い変化が生じ、再び俳優業に専念することが出来るようになりました。

佐藤二朗さんが苦労した経験

佐藤二朗さんは、たくさんのドラマや映画、舞台やCMと幅広く出演されている日本の俳優です。大きな舞台などでも堂々とした演技を披露して、多くの観客を魅了する演技を披露されています。
現在、数々のドラマや映画、CMなどにコンスタントに活躍されておられる佐藤二朗さんですが、その華やかな活躍の裏には努力と忍耐、そして挫折などがあるのです。

佐藤二朗さんは、小学校時代から中学、高校と野球を続けてこられました。小学校の時に、野球の試合でみた広島の選手に憧れ、プロの野球選手になることを目ざして学生生活を過ごします。
佐藤二朗さんが通った高等学校は甲子園にも出場している野球の名門校でした。しかし、野球選手としては怪我が多く、泣く泣くプロ野球選手になることをあきらめなければなりませんでした。

佐藤二朗さんは当時のことを振り返り、人生の中で一番泣いたと振り返られています。小学校5年生からずっと野球を続けてきて、高校でも甲子園を目指して毎日毎日朝晩一生懸命取り組み、
東京ベスト16までいかれたそうですが、怪我が多く、代打要員で、ベンチ入りできず、悔し涙を何度も流したと回想しています。最後の試合も脚の怪我のため代打要員として出場し、その試合に負けた時は人生で一番泣いたそうです。

ずっとがんばってきた野球で肩や肘、足首などを故障してしまって、プロになれなかったという挫折を味わった佐藤二朗さんは、現在の華々しい活躍をしている俳優、佐藤二朗さんからは想像できそうにないですよね。
でも深い挫折を味わったからこそ、今、俳優で頑張れているんですよね。
プロ野球選手に慣れなかった佐藤二朗さんは、もう一つの夢である役者になりたいという夢かなえるため、オーディションに応募されたそうです。

そして、見事、芸能事務所のグランプリを獲得してプロの俳優としてデビューを飾ることができました。その後は、順風に芸歴を重ねて行かれる佐藤二朗さんですが、佐藤二朗さんは芸名を1度変更し、そして再び元に戻しました。。

芸能人にとって改名は、芸能活動を大きく左右するイベントです。最近では、話題作りのために改名する芸能人も増えてきましたが、そこには表面に出ない苦労があるといえます。
佐藤二朗さんは一度、人気女優さんとの破局を経験しているといわれています。人生には出会いがあれば別れもあって、それがあったからこそ佐藤二朗さんはさらに人として成長し、その演技はさらに磨かれていくのでしょう。
これからも私たちに役者としての成長を見せていってほしいですね。