読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

加藤 和樹の苦労した経験

加藤和樹さんはジュノンコンテストで最終選考まで残ったことをきっかけに、名古屋市立富田高等学校ご卒業と同時に上京して芸能界入りをされました。
しかし、当初は明確な目標などはもっておられなかったそうで、壁に直面して1年間半くらいの間、
芸能界から離れて、一般人としてアルバイト生活をされた時期があったそうです。その時、ある名曲に出会い、心を動かされたことがきっかけとなって、
音楽活動をやりたいという目標ができて、運命ともいえるマネージャーとの出会いをもとに再び芸能界活動へと戻られたということです。

加藤和樹さんは俳優と歌手の活動を行う中で、様々な事務所や音楽会社とご契約をされてこられました。ご自身の活動と周りからの期待なども考えながら、
どのように芸能活動を進めるのかということに真剣に考え、応援してもらえる周りの人々の意見を摂り入れながら進んでこられ、
様々な場所でしっかりと活動の幅を広げてこられた強さのあるタレントさんが加藤和樹さんですね。

2009年に加藤さんがご出演されたある北海道を舞台に展開するドラマでは、主人公の幼なじみの役を好演されました。
抱えている秘密を言いたくても言えないという葛藤を表現するのに苦労されたことをインタビューで語られておられます。
その際、運命と向き合って、それを理解しながら進んでいく心の葛藤などを表現するのが一番難しいとコメントされ、
なぜ11年振りに主人公に会いに来たのかという心情的な表現を演じるため、自身の運命をどう考えているのかといった
心の動きを意識しながら演じられたそうです。

役に真剣に向き合いながら、どのように演じることがベストなのかという俳優としてのテーマに常に真剣に向き合ってこられたからこそ、
完成した時には、ご自身でも納得のいく演技ができたというコメントにつながったといえます。そこに加藤さんの役者としての成長があったといえますね。
一つ一つの役柄に真剣に向き合い、自身のベストを出し切るといった姿勢はなかなか簡単なことではありませんが、
どんな場合にも役についての理解を深めながら真剣に向き合われるという姿勢が、加藤さんの演技の魅力でもありますね。

この方は、どのパフォーマンスも真剣に取り組まれるため、2006年のツアーライブ中には首跳ね起きをした際に
マイクに強打してしまい前歯を折られてしまったり、2011年のライブイベントで着地に失敗してしまい、首の骨を折るなどの大怪我をしたこともあります。
真剣さが伝わるだけに、怪我には注意されて今後ますますすばらしいパフォーマンスを見せていただきたいですね。