読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

佐藤健の父の教え

佐藤健は北海道出身で3人兄弟の末っ子でした。兄弟はみんな女の子だったので小さい頃からおねえちゃんたちと遊ぶことが多かったです。両親がクラシック音楽が大好きな家庭だったので、お姉ちゃんたちはピアノとバイオリンを習っていました。佐藤は特に楽器は習いませんでしたが、小さい頃から様々な作曲家の音楽は聴いて育ちました。両親は佐藤健に何かスポーツをやらせたいという思いがあったので、家の近所に知り合いの人が監督を務めている野球チームで野球を習わせました。小学生のころは身長も小さかったので補欠になってしまうことが多かったですが、中学校になったら急に身長が伸び始めて卒業するときに178センチありました。そのまま高校でも野球をやろうと決心したのです。 佐藤健は高校まで地元の学校に通っていました。長閑な風景が広がる田舎町でした。大学受験を考えるまでは部活を中心に生活が回っていたので、授業中は寝てしまうことが多々あり成績は決して良くはありませんでした。部活は野球部で北海道内でも野球の強豪校として知られている高校でした。実際に周りの人たちは小学校から野球をやっている人たちが集まっていて、他県からも野球留学で訪れている人も多かったです。その中で9枠しかないレギュラーを勝ち取るというのはとても難しいことでした。しかし諦めることなく練習をした結果、多くのことを学ぶことができてレギュラーを掴むことができました。 これは小さいころから佐藤健のお父さんに教わってきた教訓で、すぐに逃げないこと、決して諦めないこと、コツコツ小さいことから積み重ねが大切だと教わりました。これは才能ではなく常に努力を重ねることが大切だということを小学校の頃から耳にたこができるほど言われてきました。小さいころの佐藤はなぜそこまでネバーギブアップが大切だとお父さんが言っていたのか、教わってきた意味がやっと分かったと思うようになりました。その考えは大人になった今でも変わることなく自分の人生に大いに役立っているので、小さいころは分からなかったことも大人になってやっと分かってきたのです。 今25歳の佐藤健はこれからももっと人生を楽しみたいと思っています。そして多くの人と交流をして自分の人生をエンジョイしたいと思っています。そのためにもしっかりと仕事とプライベートを充実させるために頑張ろうと思っています。そうすることで充実した人生を送ることができると確信しています。