読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

演劇・ミュージカル好きなサッカー少年

沖縄県那覇市出身の川平慈英は、1972年5月15日の沖縄本土復帰に伴う父親の転勤の都合で、東京に引っ越してきました。
当時の父親の職業はアナウンサーだったので、その仕事の都合で東京に転移したそうです。

高校は玉川学園高等部の出身で、ここは川平慈英の他にも様々な有名人の出身で有名です。
川平慈英の他には、タレントのDAIGO、女優の川上麻衣子藤田朋子、演出家の宮本亜門がいます。豪華なメンバーですね。

今ではCMの楽天カードマンで有名な川平慈英ですが、子供の頃は、読売クラブのユースに入っていました。読売クラブユースは、サッカークラブです。

そこに入っていた川平慈英は、プロのサッカー選手を目指して日々練習していました。
そして、アメリカのテキサス州立大学にサッカー留学までしています。本気でプロを目指していたようです。
サッカー留学をしたのいいものの、現地のサッカー監督と折り合いが合わず、メンバーから外されてしまったとのこと。
サッカーが上手いだけではプロにはなれないんですね。
メンバーから外されたことで、プロサッカー選手になる夢は諦めてしまったそうです。

ここまでのサッカー話をしていると、川平慈英はスポーツ少年だった様に見えます。
実際にスポーツ少年だったわけですが、実はスポーツだけをひたすらやっていたわけではないのです。
川平慈英はスポーツの他にも、中学時代から演劇やミュージカルが好きでした。
演劇やミュージカルのサークルが無かったことから、他の仲間と自分でサークルを作るほど好きだったそうです。

サッカー、演劇やミュージカルを中学と高校で打ち込んできた川平慈英ですが、サッカー選手になる夢が破れたあと大学は、上智大学比較文学科に入学しました。
そこで、英語の教師を目指して勉学に励んでいました。

英語の教師を目指した理由ですが、母親はアメリカ出身で母親との会話は英語だったので、英語が身近あったということがあったのではないでしょうか。
お陰で、サッカー留学でアメリカに行った時は特に英語には困らなかったそうです。
教師を目指したもう一つの理由として、諦めてきれなかったサッカーへの夢がありました。
サッカー部の顧問になりたい、との夢があったそうです。

そんな中、大学在学中にミュージカル俳優としてデビューし、今の川平慈英へと繋がっているのです。
サッカーへの夢は破れてしまいましたが、結果的に好きなミュージカルでミュージカル俳優としてデビューしたのですね。

加藤 和樹の苦労した経験

加藤和樹さんはジュノンコンテストで最終選考まで残ったことをきっかけに、名古屋市立富田高等学校ご卒業と同時に上京して芸能界入りをされました。
しかし、当初は明確な目標などはもっておられなかったそうで、壁に直面して1年間半くらいの間、
芸能界から離れて、一般人としてアルバイト生活をされた時期があったそうです。その時、ある名曲に出会い、心を動かされたことがきっかけとなって、
音楽活動をやりたいという目標ができて、運命ともいえるマネージャーとの出会いをもとに再び芸能界活動へと戻られたということです。

加藤和樹さんは俳優と歌手の活動を行う中で、様々な事務所や音楽会社とご契約をされてこられました。ご自身の活動と周りからの期待なども考えながら、
どのように芸能活動を進めるのかということに真剣に考え、応援してもらえる周りの人々の意見を摂り入れながら進んでこられ、
様々な場所でしっかりと活動の幅を広げてこられた強さのあるタレントさんが加藤和樹さんですね。

2009年に加藤さんがご出演されたある北海道を舞台に展開するドラマでは、主人公の幼なじみの役を好演されました。
抱えている秘密を言いたくても言えないという葛藤を表現するのに苦労されたことをインタビューで語られておられます。
その際、運命と向き合って、それを理解しながら進んでいく心の葛藤などを表現するのが一番難しいとコメントされ、
なぜ11年振りに主人公に会いに来たのかという心情的な表現を演じるため、自身の運命をどう考えているのかといった
心の動きを意識しながら演じられたそうです。

役に真剣に向き合いながら、どのように演じることがベストなのかという俳優としてのテーマに常に真剣に向き合ってこられたからこそ、
完成した時には、ご自身でも納得のいく演技ができたというコメントにつながったといえます。そこに加藤さんの役者としての成長があったといえますね。
一つ一つの役柄に真剣に向き合い、自身のベストを出し切るといった姿勢はなかなか簡単なことではありませんが、
どんな場合にも役についての理解を深めながら真剣に向き合われるという姿勢が、加藤さんの演技の魅力でもありますね。

この方は、どのパフォーマンスも真剣に取り組まれるため、2006年のツアーライブ中には首跳ね起きをした際に
マイクに強打してしまい前歯を折られてしまったり、2011年のライブイベントで着地に失敗してしまい、首の骨を折るなどの大怪我をしたこともあります。
真剣さが伝わるだけに、怪我には注意されて今後ますますすばらしいパフォーマンスを見せていただきたいですね。

佐藤健の父の教え

佐藤健は北海道出身で3人兄弟の末っ子でした。兄弟はみんな女の子だったので小さい頃からおねえちゃんたちと遊ぶことが多かったです。両親がクラシック音楽が大好きな家庭だったので、お姉ちゃんたちはピアノとバイオリンを習っていました。佐藤は特に楽器は習いませんでしたが、小さい頃から様々な作曲家の音楽は聴いて育ちました。両親は佐藤健に何かスポーツをやらせたいという思いがあったので、家の近所に知り合いの人が監督を務めている野球チームで野球を習わせました。小学生のころは身長も小さかったので補欠になってしまうことが多かったですが、中学校になったら急に身長が伸び始めて卒業するときに178センチありました。そのまま高校でも野球をやろうと決心したのです。 佐藤健は高校まで地元の学校に通っていました。長閑な風景が広がる田舎町でした。大学受験を考えるまでは部活を中心に生活が回っていたので、授業中は寝てしまうことが多々あり成績は決して良くはありませんでした。部活は野球部で北海道内でも野球の強豪校として知られている高校でした。実際に周りの人たちは小学校から野球をやっている人たちが集まっていて、他県からも野球留学で訪れている人も多かったです。その中で9枠しかないレギュラーを勝ち取るというのはとても難しいことでした。しかし諦めることなく練習をした結果、多くのことを学ぶことができてレギュラーを掴むことができました。 これは小さいころから佐藤健のお父さんに教わってきた教訓で、すぐに逃げないこと、決して諦めないこと、コツコツ小さいことから積み重ねが大切だと教わりました。これは才能ではなく常に努力を重ねることが大切だということを小学校の頃から耳にたこができるほど言われてきました。小さいころの佐藤はなぜそこまでネバーギブアップが大切だとお父さんが言っていたのか、教わってきた意味がやっと分かったと思うようになりました。その考えは大人になった今でも変わることなく自分の人生に大いに役立っているので、小さいころは分からなかったことも大人になってやっと分かってきたのです。 今25歳の佐藤健はこれからももっと人生を楽しみたいと思っています。そして多くの人と交流をして自分の人生をエンジョイしたいと思っています。そのためにもしっかりと仕事とプライベートを充実させるために頑張ろうと思っています。そうすることで充実した人生を送ることができると確信しています。

月亭文都さんが経験した困難な出来事

幕末から明治までの落語家四天王の一人、ゆかりの亭号である月亭を復活させた月亭文都さんですが、底に至る道は決して簡単なものではなかったといえます。大学の時、路上パフォーマンスで落語をしていたら、
通りすがりの客に振り向いてもらえたというエピソードがあって落語家を目指すようになった月亭文都さんですが、以降4年間、師匠を求めてさすらう時代が続きました。その間、主に桂雀三郎さんに多くの稽古を受けることができました。

しかし、当時、雀三郎さんには「又三郎」という弟子が既にいて入門することができませんでした。そんな時、八方さんのところに入門することができたという幸運に恵まれました、
めでたく入門した後は、大々師匠の桂米朝さんや桂吉朝さんにもネタを付けてもらうことができたのです。
そうして、毎日芸を磨いていきましたが、内弟子時代のある時、八方さんに破門されかかったことがありました。八方さんは厳格な師匠でも
ある日、月亭文都さんは寝坊をしてしまったのです。それで、大急ぎで劇場の楽屋へ行くと、既に八方さんは到着しており、おはようございますと挨拶されたところ、八方さんは激怒され、少しも早いことあれへんとすごい剣幕だったそうです。
月亭文都さんは心から詫びましたが、着付けの手伝いをしたところ、衣装に触らんといてといわれてしまい、舞台に上がる前にも、もう来んでもええわといわれて、破門を言い渡されてしまいました。

それから月亭文都さんは反省に反省を重ねて、数日後、ようやっと許してもらえたというエピソードがあるそうです。後に分かったことは、八方さんはその時、とにかく機嫌が悪かったということでした。
八方さんは時間や服装には特に厳しいお師匠さんで、遅刻は即刻指摘するか破門にすると言う厳しい一面のある先生なのでした。しかし、月亭文都さんが襲名する際は襲名に際して混乱しないように、月亭文都さんのために大師匠の桂米朝をはじめ、

上方桂文枝一門の宗家6代桂文枝さんなどにきちんと挨拶をして襲名の儀式を執り行われたのです。
八方さんは2013年3月、その月の19日に大阪なんばグランド花月で予定されていた襲名公演のあいさつに大阪市浪速区サンケイスポーツを訪れ、襲名のあいさつもされています。
月亭文都さんは落語界を盛り立てるため、各地で自己プロデュースによる落語会を主催しながら、積極的な活動を繰り広げています。緻密で、繊細な楷書を思わせる芸風の月亭文都さん、今後もますますの活躍が期待されます。

笹森裕貴の性格・特徴・私生活

これまでの記事でも話してきたように、笹森さん自身、約9年間の少年野球時代の頃に培ってきた忍耐力の強さとともに、お茶目でユーモアのある雰囲気作りが得意な面もあり、
本当に人とのつながりというものを意識しながら周囲を観察していける面において、中々評価が出来る性格といえます。

本当にまだ、10代後半という若い年齢でありながら、その場での雰囲気作りが可能であるという点で、本当に柔軟性がある点が、
やはり人気の秘密であるといえるかもしれません。

また、雑誌での撮影のお仕事の際には、幾らそれが、飛び込みでのその場での依頼によるものであったとしても、
謙虚な気持ちを持ちながらそれに対応をしていくような姿勢に、ユーモアさを交えながらのぞんでいく彼自身なりの真剣さといったものが、とても窺えます。
とにかく初対面の相手の方でも、なるだけ和やかに安心をさせながら、謙虚な姿勢を示しつつ接していくという点で、本当に感心をさせられる面が少なくはありません。

元々、やはり幼少期から中学時代の終わり頃あたりまで、野球という1つの物事に打ち込んでいたという過去がありましたので、
そうした点でもその忍耐力面においてのメンタルの強さが、お茶目さやユーモアさの持ち味の基でもあるような感じもします。

ただし、それでも彼自身は大学受験時代には進路について大変悩んだ様子でもあり、次の4記事目でも詳しい内容については触れますが、
自分だけの判断では決断に迷うようなところも過去にはあったようです。それでも物怖じせずに投げ出さないでのぞんでいく姿勢は、
やはり、他の若手モデルさんの方とは明らかに違うところであり、まさに彼なりの良い面といえるところといえます。

そうした人間性の持ち味の良さといったものが、間違いなく周囲にいる方へ良い印象や影響などを与えているような気がします。
自分自身はもちろんの事、仕事の事でもプライベートの事でも、決して自分だけの事とは考えずに、
それらに関わる全ての方の立場を考えながら行動が出来るという点で、ファンの方からも大変人気があるような感じでもあります。

まだ若手の10代後半のモデルさんのお一人でありながら、ここまで周囲への気配りが出来るような方は、中々いません。そうしたところもやはり、
今後の仕事においての才能の開花や人脈作り、スキルの習得等々、あらゆる面において、大いに笹森さんならではの活躍においての原動力になってくるものと思われます。

笹森裕貴の性格・特徴・私生活

これまでの記事でも話してきたように、笹森さん自身、約9年間の少年野球時代の頃に培ってきた忍耐力の強さとともに、お茶目でユーモアのある雰囲気作りが得意な面もあり、
本当に人とのつながりというものを意識しながら周囲を観察していける面において、中々評価が出来る性格といえます。

本当にまだ、10代後半という若い年齢でありながら、その場での雰囲気作りが可能であるという点で、本当に柔軟性がある点が、
やはり人気の秘密であるといえるかもしれません。

また、雑誌での撮影のお仕事の際には、幾らそれが、飛び込みでのその場での依頼によるものであったとしても、
謙虚な気持ちを持ちながらそれに対応をしていくような姿勢に、ユーモアさを交えながらのぞんでいく彼自身なりの真剣さといったものが、とても窺えます。
とにかく初対面の相手の方でも、なるだけ和やかに安心をさせながら、謙虚な姿勢を示しつつ接していくという点で、本当に感心をさせられる面が少なくはありません。

元々、やはり幼少期から中学時代の終わり頃あたりまで、野球という1つの物事に打ち込んでいたという過去がありましたので、
そうした点でもその忍耐力面においてのメンタルの強さが、お茶目さやユーモアさの持ち味の基でもあるような感じもします。

ただし、それでも彼自身は大学受験時代には進路について大変悩んだ様子でもあり、次の4記事目でも詳しい内容については触れますが、
自分だけの判断では決断に迷うようなところも過去にはあったようです。それでも物怖じせずに投げ出さないでのぞんでいく姿勢は、
やはり、他の若手モデルさんの方とは明らかに違うところであり、まさに彼なりの良い面といえるところといえます。

そうした人間性の持ち味の良さといったものが、間違いなく周囲にいる方へ良い印象や影響などを与えているような気がします。
自分自身はもちろんの事、仕事の事でもプライベートの事でも、決して自分だけの事とは考えずに、
それらに関わる全ての方の立場を考えながら行動が出来るという点で、ファンの方からも大変人気があるような感じでもあります。

まだ若手の10代後半のモデルさんのお一人でありながら、ここまで周囲への気配りが出来るような方は、中々いません。そうしたところもやはり、
今後の仕事においての才能の開花や人脈作り、スキルの習得等々、あらゆる面において、大いに笹森さんならではの活躍においての原動力になってくるものと思われます。

前田 公輝の性格・特徴・私生活

主にドラマなどでその活躍を伺うことができる前田公輝(まえだごうき)。 7歳から芸能活動をはじめ、8歳ではすでにドラマに出演。 その後、国民的教育番組のレギュラーを3年間続け、知名度を上げました。 それからは有名ドラマや映画に多数出演し、 今では顔を見たことがない人はいないのではないでしょうか。 そんな彼の性格は 見た目はクールな二枚目でさばさばとした振る舞いなのに 基本的に明るく、冗談をよく言い周りを楽しませます。 幼い頃から芸能活動をはじめ、多くの大人のいる環境に慣れているため コミュニケーション能力が高く、冷静にものを見ることができます。 また、某国民的教育番組のレギュラー出演時では 周りをまとめるようなリーダーシップを見せてくれました。 趣味はボウリングやビリヤードと外に出て楽しむ一面も持ちながら、 特技はギターと音楽にも精通しており、漫画好きであるなどとても多彩です。 特にギターに関してはプライベートでバンドを組むなど 音楽に対する興味や関心の大きさが伺えます。 また、お洒落が好きでピアスをする際には 太陽と月、星のものにすることや服のポケットには鈴をつけるなど こだわっていることがわかります。 また特徴としてはとても良い声をしています。 某国民的教育番組に出演していた際は少し高い青年の声だったのですが 25歳になった現在、低くハスキーなとても良い声をされており、 吹替えなど声優のお仕事も行ってみてはどうだろうと感じます。 そんな彼の私生活は俳優仲間などの芸能人の友人とご飯に行くなど交流が広く、 カラオケはもちろんボーリングやビリヤードなどアクティブにプライベートを過ごしているそうです。 趣味のギターやバンド活動も行っている音楽好きから 様々なアーティストの方などとの交流関係も深いところが伺えます。 また、意外なことにアニメなどのイベントにも足を運んでおり、 中でも某人気アニメについてはグッズを購入するほどで 趣味などからもわかる通り、多彩なことがわかりますね。 クールなイケメンでさばさばしているように見えて、 実は明るく、面白いリーダーシップのある方であったり ボウリングやビリヤードが好きでバンドを組んでギターを弾くなど アクティブな趣味を持ちながら、漫画やアニメが好きと言うインドアな一面もあるなど 大変ギャップのある俳優さんであることがわかりました。 こんなに多彩でギャップがあるならこれからもっと人気が出ると思います。 これからの前田公輝さんの活躍に期待ですね。